2007年11月2日

ドメインと個人情報

WHOISデータベースでの個人情報公開の是非、ICANNで投票 (マイコミジャーナル)

独自ドメインはすでにいくつか持っているけど、
ドメインを取得すること=WHOISで個人情報を晒すこと、
という覚悟の上で取ったものだから、そんなに気にしていない。
spam以外に特別被害を受けていないから、なのだろうか。

ま、最近はレジストラやリセラーがWHOIS情報を肩代わりする、
表面的には第3者の情報を表示するサービスが多いけどねぇ。
うちが利用してるレジストラ(PSI Japan)もプロキシサービスがあるので、
電話番号とメールアドレスだけは晒さないように設定している。
住所や本名は所有者として主張したいし、信用部分だろうから、
完全に隠してしまう、というのはしたくないわけで…。

WHOIS情報を誰でも参照できるのは構わないと思うのだけど、
個人の場合は多少選択の余地があっていいんじゃないかな。
完全にプライベート用途の人、商用利用してる人などいろいろだし。
とは言え、運用内容によって制限っていうのはイヤだけど。

0 コメント:

コメントを投稿