2007年11月18日

液晶ディスプレイ自作キット

液晶ディスプレイの自作キットに挑戦してみたかったのと、
自宅サーバ用に小さなディスプレイが欲しかったのもあって、
(うちの自宅サーバにはコンポジットのRCA端子が付いている)
4インチ2点セット[KIT-2P040-AUO]というやつを購入してみた。

4inchkit_a.jpg

まあ自作キットと言っても、筐体が無いだけ、
ケーブルを説明書の指示に従ってハンダで接続するだけなんだわ。
もうちょっと複雑なキットもあるけど、今回は簡単そうなやつで。

4inchkit_b.jpg

ディスプレイの裏側にはすでに基板がセットされている。


4inchkit_c.jpg

映像信号用と電源用にリード線同士をハンダで繋ぐ。
ハンダ付けが久しぶりな上に、リード線同士ってのはどうも苦手、
何度か失敗しながら無事3ヶ所の接合を完了。

別売りで色や明るさの調整をする可変抵抗もあるけど、
今回は面倒くさいし、そこまでの用途でもないので使わない。

4inchkit_d.jpg

とりあえず映像出力は問題なし、画像は荒い気がするけど、
まあこのインチではこれぐらいなのかなぁ?決して悪くはない。

4inchkit_e.jpg

動作確認が終わったところで、接続部分を熱収縮チューブで封入。
ハンダ付けとかあるからこそ自作キットという感じなのだろうけど、
たったこれだけなら初めっから繋いで置いてくれ、という気も(^^;
まあ自分でやるからこそある程度安くなるってのも分かるが。

筐体はまたそのうちアクリルでも使って組み立てる予定、
むしろ自作キットならではの楽しさってのはそこなんだろうな。

0 コメント:

コメントを投稿