2014年4月22日

古書オンデマンド出版

国立国会図書館の古書、Amazon.co.jpでオンデマンド出版として販売開始 (RBBTODAY)

すでにWeb公開されてるパブリックドメインコンテンツを
インプレスが整形して、Amazonが印刷・製本して販売か。
著作権切れててもそこそこ高いような気がするけど、
受注生産だからか、あるいは整形に手間がかかってるからか…
国会図書館の方にもいくらか入るのかなぁ。

第一弾のリスト見たけど全部明治以降のものだな、
もしかして本文は活字じゃないとダメとかあるのだろうか。
どうせなら江戸以前の古書というか古文書的なのがいいけど
活字に起こすかそのまま絵として扱うかは悩みどころ?

リストにあるクロス・ワード・パヅルのやつ、
デジタルライブラリーで見たけど、クロスワードとしては雑、
しかし時代が違ってヒントが難しいな、知らん言葉も多々。

0 コメント:

コメントを投稿