2010年1月18日

はんだシュッ太郎


はんだシュッ太郎 HSK-100 (サンハヤト)

半田の除去には普通の半田吸取器(スッポン)を使ってたけど、
PCのマザボを修理するのにスルーホールの半田が上手く取れない。
そんなわけで巷で?人気のはんだシュッ太郎を使ってみた。




コテ先に穴が開いてて溶かしながらスッポンの要領で吸い取る、
ただそれだけのものだけど、片手で出来るのは結構楽だな。
部品の足をホールの中心に寄せながら吸引するといい感じ、
面白いほどキレイにポロッと取れてくれる・・・ことがある。

小さいランドに太いチップを使ったからってのもあるけど、
うまく熱が伝わらずスルーホールの奥の方に残ってしまうことも。
追い半田でうまく行くこともあれば、全然ダメってことも。

最初のうちはシュッ太郎であたためつつ部品を抜いて、
そのままシュッと吸い取ってたけど、これをしちゃうと、
奥の方(基板の表の方)に半田が引っ張られるので残りやすい。
足をつけたまま吸ってしまうのがコツなのかもしれない。
ホールに対して太めのリード線だと吸い取りにくいけど。

いい製品なんだとは思うけど、若干コツは必要かな、
ランドに合わせたチップを使用、いらない基板で練習するなど。

0 コメント:

コメントを投稿