2012年7月27日

無意識下の記憶領域

30文字のパスワードを脳の無意識領域下の記憶内に保存する技術が登場 (GIGAZINE)

意識的に覚えてるわけじゃないから自分では書き出せない、
聞かれて答えることもできない、だけど無意識下には保存されてると。
取り出すには正しいトリガーが必要ってのが面白いな。

しかし自分では意識的に記憶していない以上、
信頼できるところが正しい手順を用意するという使い方のみか。
一般的なパスワードの代用として使えるわけじゃなさそうだ。
記憶に保存するのも複雑だけど使うのも複雑ってわけか。

45分間で約4,000回打鍵させる、これがすでに拷問だな。
スパイが暗号化したものを記憶するのには使えそうだけど…
これ打鍵不要で映像見るだけとかには出来ないのか。

0 コメント:

コメントを投稿