2012年10月1日

教師向け教材販売

教師が自分の教材を販売することができる『Teachers pay teachers』 (百式)

優れた教材や指導法は広く共有されるべきで、
またそれを作った教師は相応の対価を得られるべき、
より良い教材があるのに半端なものを自作するのは無駄。

こういうサイトはいいなと思うけど、日本では難しそうだな、
自分の教材を売って収入を得ることが副業としてダメだろうし、
自分で作らないのは怠慢だとか文句つけられそうだ。
研修や視察で参考にしたものを取り入れるのはOKなくせに…

実際に1枠の授業をするよりも、
その指導計画や教材を作るのが大変らしいからな。
それを学年主任や教頭に提出するとかいう事務仕事。
プログラミングするようにパーツパーツを組み合わせて
1つの授業を作るってのが合理的だと思うんだがな。
小学校なんか特に教えるジャンルが広いんだから。

0 コメント:

コメントを投稿