2012年10月8日

ウイルス感染で逮捕

大阪市に殺人予告、第三者の疑い=ウイルス感染で脅迫文言-演出家、無実か (時事ドットコム)
遠隔操作ウイルス 想定せずに逮捕か (NHKニュース)

釈放はされたようだな、起訴はまだ残ってるけど。
こういうケース実はたくさん起こってたりするんだろうな。

この人は逮捕のニュースが出た時から
無線LANの第三者使用による冤罪じゃね?と心配されてた。
実際にはウイルス感染による自動書き込みだったわけだけど、
本人が強く否認してる以上、その辺は想定してると思ってた。
ましてパソコンを押収・捜査した後での逮捕とか、アホか。

想定すらせずに調べてたのは問題外として、
警察も最新のウイルス、踏み台攻撃に精通しなきゃいけない
ってのはなかなか大変だな、今後増える一方だろうに…
同じようなのが次々出て、自動書き込み件数が増えると
いちいち逮捕してもいられない時代になるのかな。

今回ウイルスの感染が判明したからいいものの、
例えば自動ではなく遠隔手動でどこかに攻撃しかけるタイプで
遠隔操作部分の痕跡とプログラム自身を削除されたら
否認してても証拠が揃ってしまう可能性はあるよな。
ネットに繋いでる以上、イタズラ程度ならともかく、
具体的な破壊活動、犯罪行為に巻き込まれる可能性はある。
そんなのに感染するのが悪い!有罪!と言われたらお手上げだが(^^;

0 コメント:

コメントを投稿