2012年10月21日

素人が購入するとは

遠隔操作ウイルスは「Visual Studio 2010」という数十万円以上する専門的なソフトで作成された (痛いニュース)

まったく…笑わせやがる。
時事やセキュリティ会社とやらの言い分ではあるけど、
警察もこんな考えだとしたら犯人像を見誤るぞ。

Visual Studioと言ってもいろんなエディションがあるし、
アカデミック版だとかなり安く買うことも出来る。
昔趣味でVisual C++6.0のEnterprise版(最上位)使ってたけど、
普通に買うと10万以上でも学生なら1万ちょっとで買えたし。
まして犯罪行為する奴なら無料の海賊版だっておかしくない。

作成者はウイルス関連のファイルを外付けの記憶媒体に保存していた痕跡があることが判明。パソコン本体に証拠が残らないようにするためと考えられ

そんな意図がなくても外付け媒体ぐらい使うと思うけどな、
複数のPCで触るとか、大事な成果物だから別で保存したいとか、
あるいはウィルスだから安全性を考えてってこともあるだろう。

0 コメント:

コメントを投稿