2012年10月2日

難病指定の政治家

小林よしのり 「ネトウヨどもが、国家を難病の人物に預けようとしていることに激しい怒り感じる」 (政経ch)

こいつは毎度アホなこと言ってるので相手にしなくてもいいが、
この病気についてあまり理解されていないんだなぁ、とは思う。
過敏性大腸症候群あたりと混同してる人もいるしな。

潰瘍性大腸炎、重傷化すると手術が必要だったり、
長期罹患で大腸癌のリスクが高まる可能性はあるものの、
早めに発見して適切な治療、食生活等に気を付けていれば
基本的には命に関わるものではないし、普通に仕事も出来る。
原因がいまいち不明、完治しない(緩解・寛解はする)ため
難病指定され、医療費補助が受けられるというもの。

身内にいるので全くの他人事ってわけじゃなく
これを患ったからって重要な役職につくなってのは怒るわな。
それを言ってたら高血圧やら糖尿病やら癌経験のある議員なんて
いくらでもいるだろうに、宇宙飛行士並みの健康でも求めるのか?
ストレスのある仕事ではあるだろうし他に代えられない役だけど
再チャレンジを認めない世の中ってのはちょっと悲しいね。

0 コメント:

コメントを投稿