2014年11月28日

奨学金という名の借金

大学院生の奨学金、利用者の75%が「返済に不安」 金額は500万円以上が25% (常識的に考えた)

自分は無利子の借りて返済は終了してるけど、
少なくとも審査の緩い有利子の奨学金は廃止したらいいのにな。
あれこそ結局利子がちょっと少ないだけの借金だからなぁ…
優秀でもないのに遊び中心の大学生活送るためだけに借金されても。
経済的に困窮しててもやる気があるから無利子あるいは返還不要で支援する、
それが本来の「奨学金」のあり方だったと思うんだけど。

あとは家庭それぞれで奨学金の扱いは違うよな、
子供が背負う借金として子供が返済するつもりで借りてる場合と、
大学まで親の責任として、万一学費が出せなくなった時の保険として利用、
親が返済するってスタンスで借りてる場合があるんだよな。
甘いかもしれんがうちは後者で、結局ほとんど手を付けてない。

生活に困窮しててそれでも学習意欲があって成績の良い学生なら
それこそ返還不要な奨学金出してくれるところはあるしな。
育英会の奨学金も昔は学校の先生になると返還不要だったように、
教職や介護、青年海外協力隊で免除みたいなのはあってもいいのにな。

0 コメント:

コメントを投稿