2004年10月27日

SpamCopで対スパム

Spam、迷惑メールへの対策はいろいろある。
でも結局は手元でフィルタリングして見ないフリするだけ。
下手に苦情を送ろうものなら悲惨な結果になる。
それに海外からのSpamだと法的な制限も効かず無意味。

苦情を送ると足が付くからイヤだけど、
何か行動を起こさないと気が済まない!
という人にオススメなのが「SpamCop」。

SpamCop.net ※英語です。

SpamCopはSpamに関するデータを収集して、
データベース化したものを商用として提供しているサービス。
Spamのデータを「報告」するのは無料となっている。
この報告では「匿名」で「Spam送信元のISP」に苦情メールを送ってくれる。
ヘッダを適切に解析して、文面も自動的に…らしい。
締め出しに協力するのもいいけど、自己満足としても面白いかも。

参加の方法をば簡単に。
1.SpamCop.netを開く
2.左上「Report Spam」へ移動
3.「Register for the Free Reporting Service」で
 希望するメンバーIDとメールアドレスを入力、ボタンを押す
4.「SpamCop authorization」というメールが届く

実際の使い方をば。
5.4のメール中「Cookie log-in」か「HTTP authentication」のURLへ
6.登録したID or メールアドレスとパスワードでログイン
7.テキストエリアに"ヘッダを含めた"Spamを貼り付けて「Process Spam」
6.数秒間の解析。画面が変わるまで待つ
7.「Report Spam to」の所にいくつかアドレスが出てくる
 苦情の送り先を選んで(普通はそのまま)「Send Spam Report(s) now」

それだけ。
受け取る量が少ない人ならばこれだけでOK。
量が多い人はメールで報告する方法が楽。
Spamの入力欄の上にある「Forward your spam to:」のアドレスへ。
メーラーの自動機能でも使ってそっちに送ればいい。

一応苦情を送る時の送信元は匿名、
ということにはなってるけどちょっと不安かもね(^^;
SpamCopは結構名の知れたサービスだから大丈夫だろうけど、
念のためフリーアドレスで登録、そのアドレスのSpamだけ報告。

日本語の解説サイトも結構多いので、本格的に使う時はそちらを参照。
こういうの行政レベルでやってくれるといいんだけどねぇ。

0 コメント:

コメントを投稿