2006年2月19日

死顔撮影の是非

お葬式:カメラ付き携帯で最期の顔パチリ 困惑派・理解派

自分は撮らないし撮りたくもないけど、微妙なところね。
遺体が穢されるという印象は特に持たないものの、
「カメラ付き携帯で」というのは少し軽薄かな?と思う。
(普通のカメラならいいのか、と聞かれても悩むけど)

人の最期を写真におさめておきたい気持ちは分かるし、
あとで見て死というものをじっくり実感するというのも分かる。
ただ、その写真を最終的にどうするのか、そこが引っ掛かるな。
見終わったら消すというのは軽いし、他人に見せるものでもない、
心情的に丁寧に扱って欲しいけど、無理なんだろうな。

自分が撮られたらどう思うか、を考えてみても、
死んだ後のことだから正直どうにもイメージしにくい…
好きにすれば、という気がしないでもない。(遺族の気持ちなら別?)

0 コメント:

コメントを投稿