2009年12月22日

スーパーアース(笑)

水が豊富な「スーパーアース」発見、これまでで最も地球に近似 (AFPBB News)

水が豊富ってところが今までになく凄いんだろうけど、
人類が目指すべき新天地、ってわけではなさそうだ。

表面が120~280℃ってのも過酷な環境だし、
半径が地球の2.7倍って、重力もそれなりに大変か。
なにより「光の速さで」42年かかる距離、
現在の技術の宇宙船で果たしてどれだけかかるのやら。

人類が住める環境の惑星を探すという意味では、
まずは亜光速やワープ航法を開発しないとダメだな。

0 コメント:

コメントを投稿