2015年6月23日

ジェネリックの問題点

ジェネリック医薬品の問題点 (役に立つ薬の情報~専門薬学)

効果は同じだけど値段が安いからおトク、
みたいな宣伝文句しか出てこないから気にしなかったけど、
添加物や剤形の特許はまた別のものだから、
効果が先発薬と全く同じってわけではない、ってか…

ジェネリック医薬品の試験に「有効性の試験」は存在しても「安全性の試験」はありません。そのため、安全性のデータが存在しません。

へぇ…さすがにみんなが危ないってことはないだろうけど、
多少効き過ぎたり効きが弱かったりしてもOKとなると
薬の目的によってはトラブルの原因になる可能性もあるか。
結局その辺のリスクと値段を天秤にかけて、なんだろう。

少し前にいつも通り処方箋を出してもらって
いつもと違う薬局に持って行ったら1つの薬に関して
「ジェネリックがありますがどうしますか?」って聞かれた。
全部で数十円の差だったからいつも使う先発薬にしてもらったけど、
薬によっては生活に関わるほどの差が出るものもあるんだろうな。

0 コメント:

コメントを投稿