2015年6月25日

送信取り消し機能

Gmailでメールの「送信取り消し」が可能に、メールの誤送信も最大30秒まで取り消し可能 (GIGAZINE)

単に普段の送信処理を30秒遅らせてるだけの機能で、
Gmail Labsにはずっと前からあったものなので目新しさはないけどな。
Labsから格上げするだけでこうやってニュースになるんだから
Google的にはそういう狙いだったんだろうって感じ?

確かに送信ボタン押した後に「あっ!」となることはあるけど、
遅延送信に慣れると安心感もあって、過ぎてから気付くことも…
あと自動返信のあるような相手へのメールだと
遅延を忘れてて「あれ?」となることも多々あるんだよ。

送信して取り消してを繰り返してるうちに
取り消したまま送った気になってたりすることには気を付けたい。

0 コメント:

コメントを投稿