2004年5月2日

web creators 6月号

今月号、何がスゴイかって…

 本名で載っちゃってるよ、私(笑)

先月号で何気なく送った愛読者カードの感想が、
READER'S VOICEのところに掲載されてるのよね。
本名が載ることは問題ではない、目立ちたがりなので嬉しい。
ただ、載せてもらうことを狙って書いたわけではないから、
ごく普通の何のひねりもない文章が掲載されているのが恥ずかしい(^^;
岡山県、24歳よりも兵庫県、16歳の方が大人な文章だ。

というようなことは置いといて、
今月号のメインの特集は「落ちると危険 デザインの落とし穴」。
少し前に貰った「落ちるなキケン!WEBデザインの落とし穴」の本と
同じようなもの、というかこれが元になった特集なのか?

本と同じで、これといって目新しさは無い。
再確認としてなら、取り上げてるポイントはわるくはない。
それぞれの項目の説明がダラダラと長いのが気になるかな。
問題点、改善策、BEFORE、AFTER、という具合に簡潔ならいいのにな。

あとは連載やFlashの特集があるわけだけど、
個人的に今月号の1番は「クリエイティブ コモンズ」の特集。



Creative Commons (クリエイティブ コモンズ)、
Creative Commons Licence (クリエイティブ コモンズ ライセンス)
なんとなく知ってはいたものの、分かりやすい解説が欲しかったので、
今回の特集は分かりやすく概要が説明されてたのでためになる。

クリエイティブ コモンズっていうのは要するに、
主にWEB上のコンテンツ(サイト・作品)に対して著作権絡みの権利を
分かりやすく簡潔に表現するための取り組みみたいなもの。

著作権を主張したり、非営利での利用を許可したり、
派生作品を許可したり・・・そんなのを簡単に意思表示する。
正式なライセンス証みたいなのも出てくるみたいだけど、
法律やら文章やらの難しい事は、クリエイティブ コモンズの側で整理してくれてて、
著作権者や利用者は、それを表面的に利用するような形で済む…と。

という説明でも分かりにくいんだよな(^^;
多分この説明も十分ではない。頭ではなんとなく分かるのだけど。
でもまあ、これからは個人サイトでも必要になってくる分野だね。
もう少し普及してきてから挑んでみるといいのかも。

web creators
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

0 コメント:

コメントを投稿