2006年9月30日

極限の芸術

顕微鏡で見るアート (GIGAZINE)

顕微鏡で…というほどには小さくないけど、
もうね、スゴイとしか言いようがないね、
最後の晩餐なんてあまりに細かすぎて見えない。
お米に文字を書くなんて簡単なのかな?と思えてくる。

鉛筆の先を彫刻するやつ、実は試したことがある。
自分で研いで極細の針を作ってちまちま削る、
まあ言うまでもなくあっという間の挫折だった(^^;
何が大変って、指先が止まっていられないのよね、
ちょっと震えたつもりがバサッと大きくえぐれちゃう。

やることに意味はないけど、限界への挑戦、
やってみるだけでも不器用さを実感できる(笑)

0 コメント:

コメントを投稿