2006年9月15日

適正な通信コスト

ネットの完全定額制もはや限界 事業者ら適正コスト検討 (CNET Japan)

なんで総務省が取り仕切るかね、
それぞれのISP、CSPに任せればいいじゃない。
料金は高いけど良質な通信が出来るプロバイダ、
料金は安いけど通信品質もそれなりなプロバイダ、
そうやって差別化していくのが競争じゃないの?

まあ官製談合とかそこまでは言わないけど、
市場競争としてもう少し放置しておいてもいいんじゃ…
公共の設備としての通信インフラの役割もあるから、
行き過ぎた価格競争を見直そうということだろうけど。

ADSLとFTTHの下りが大差ないのもどうかと。
ISP以外にもどこかがボトルネックになってる限りは、
料金が高いからいい、ってわけにもいかないのよね。
頑張れ通信事業者たん。

0 コメント:

コメントを投稿