2013年7月29日

そんなに変わらない

ネット選挙の課題は山積み--求められるのは“普段からのソーシャル活用” (CNET Japan)

ネット選挙(運動)解禁後の国政選挙、
そんなに言うほど影響はあったんだろうか。

投票先って実は公示前にはもう決まってたりするもんなぁ…
それまでに参考となるような情報に触れてない人って
そもそも投票に行ってないんじゃないかって気もする。

普段以上に政治家のツイートがRTで流れてきたり、
ネット討論という形で候補者同士の討論がRTされてきたりと、
フォローしてないのにTLに現れる鬱陶しさはあったがなぁ。
でも結局それらは普段からネット活用してる候補だからこそで、
選挙のためだけに始めたような人はそんなに盛り上がらない。

まあなんだかんだで名前連呼するだけの選挙運動よりは
具体的な話も出てくるし判断の材料にはなる、
鬱陶しければ見ないようにもできるだけマシなのかな。

0 コメント:

コメントを投稿