2004年4月16日

議論も収束へ

イラクの人質解放。

本人や家族には申し訳ないけど、
「まだ早い」という感じがする。

もちろん保護はなるべく早くが一番。
ただこれだけ世論が真っ二つに割れる事件も珍しいんだよね。
十分に議論、対応がなされたか、という点でやや不足と思う。

日本人、日本政府の特徴というべきか、
解決したら議論はそこまで、というような感じ。
結果的に助かったのだから、対応に問題はなかったと済まされる。
それじゃいけないんだよね、本当は。
徹底的に追及しない側にも問題はある。

今回忘れてはいけないのは、
「結局日本政府はなにもしていない」ということ。
なにもしていない、というか、なにも出来なかった、というか。

何はともあれ、解放おめでとう。そしてお疲れ様。

0 コメント:

コメントを投稿