2006年12月26日

これが打てるか 弐

タッチタイプの練習にも最適な無刻印キーボード──「弐代目 これが打てるか!」 (デジタルARENA)

これはまた気になるものだな。
初代の「これが打てるか」を使っていたけど、
安い割に打鍵感がすごく快適で珍しく当たりだった。
タッチタイプは元々出来てたから困ることもなかったし。

弐代目にも打鍵感は引き継がれているのだろうか。
分からなくなった時にはシールがあるそうだけど、
初代は確かシリコンカバーだったからちょっと劣化?
打っていくうちに文字が消えてくのは面白かったのに。

ブラックが出て、スリムになってるのは魅力的だけど、
今は主に英語キーボードを使ってるからダメかなぁ。
もちろん日本語キーボードも打てないことは無いけど、
記号の位置が違うから、表示がないのはちょっと辛い?

0 コメント:

コメントを投稿