2006年12月7日

海外サイトを日本語化

海外Webサイトのメニューを日本語化する「Japanize」の「Opera」対応版が公開 (窓の杜)

使ってみたけどこれはなかなか面白いね。
一瞬英語が表示された後、ガラッと日本語に変化する。
OperaのUserJSとして動く、という簡単さもあるけど、
.jsファイルの中身は配布元から読み込むようになってるから
たびたび新しいものに入れ替える必要が無い、簡単設計。

英語は見るだけでダメとか、疲れるという人にはいいけど、
普段からそこそこ海外サイトに慣れてる人には邪魔くさいかも。
なんていうか、気持ち悪いのよね、原文を読まないと(^^;
サイボウズ・ラボ製だから翻訳に違和感は感じないものの、
見た目だけ置換されるってのが…自分だけかな?

基本的なインターフェイスが日本語になるというだけで、
英語圏の人のコメントまで日本語になるってわけじゃないし、
その辺の統一感の無さ、ってやつかな?

英語のサイトの英語は抵抗無く読めるのだけど、
日本のサイトの英語になると読みにくくなる人なので。

0 コメント:

コメントを投稿