2006年12月13日

winny開発は有罪

ウィニー開発者に罰金150万円の有罪判決 京都地裁 (asahi.com)

ん、案外安いな、もうちょっといくかと思ったけど…
まあこの裁判は最高裁まで持って行きそうな感じ?
winnyに限らず開発者の権利と義務を明確にするためにも
徹底的に争って意味のある判例を残して欲しいところ。

winny自体の違法性には触れなかったみたいね。
技術自体はあくまで中立としているようだから、
開発動機だけに的を絞った、有罪にするための手法でもある。
何かを作る時には「犯罪に使われる可能性があるかも」
ということはそもそも考えちゃいけないとのことだ(^^;

この程度ではwinny利用に歯止めはかからないわな、
使い方は結局良心に任せて法に触れないように、と。

0 コメント:

コメントを投稿