2003年2月10日

中止要請の効力

つい最近、北朝鮮のミサイルが日本に撃ち込まれたら、
なんていうのをテレビの企画でやってずいぶん話題になってた。
今日のニュースで、日本政府がそういう事態を想定した、
そんな文書があるようなこと、兆候があれば中止を申し入れる、
ってあったけど、中止要請すれば、やめてくれるのか?(^^;

それが「発射実験」ならばともかく、
攻撃だったら、中止を求めたぐらいで、やめるわけなく、
「兆候が確認されたら」国民に公表し…っていうのも、
さっさと燃料入れてさっさと発射されたら間に合わんだろうし。

どれぐらい発射までに時間がかかるものかは知らないけど、
公表して中止を要請する間に、迎撃準備は出来るんだろうか。
なんだか、政府が一番、後手に回ってる気がする。
まあこれ以上軍備増強、なんてことになると、
スイスや韓国みたいに徴兵制度が出来そうかな。


そんなわけで、ホンギルトンの響きがツボ(謎)
(昨日あの番組を見てた人にはわかる?)

0 コメント:

コメントを投稿