2008年1月6日

一本を狙え

柔道「技あり」消える?国際柔連が検討 (Yomiuri Online)

それぞれの違いをスムーズに判断できない選手や審判の問題、
見た目の派手さではなく技そのもの、それらの要素を判定する柔道、
と考えればまあそれぞれ意味のある判定ではあるんだろうけどねぇ。

柔道のことをよく知らない者の意見、という前提で言えば、
むしろ技として未熟な有効や効果の方が消えるべき、という気もする。
極端に言えば、「一本」以外いらないんじゃね?とも思える。
特にYAWARA!を見て育った世代としては、「一本とって勝てぃ」と。
(一本取らなきゃ一本で取り返されるという意味だけど…)

まあ柔道の理念、理論にかかわることなんだろうから、
本家本元の日本としては、しっかり頑張って欲しいところ。
カラー柔道着とか、襟の厚さを工夫するとか、
国際化して本家の思わぬところで変わっていく柔道…

そもそも柔よく剛を制すの理念を通すならば、
体重別制度撤廃、一本取るまで延々、でもいいと思うよ(笑)

0 コメント:

コメントを投稿