2008年1月10日

勝者はハードディスク

「勝者はBlu-rayでもHD DVDでもなく、ハードディスク」--シーゲイトCEOが発言 (CNET Japan)

確かに、言われてみればそうだな。
記事中にあるようにBlu-rayとかHD DVDとか言ってるのは
コアなユーザ中心で、一般ユーザはまだまだ現行のDVD、
録画に関してはVHSって人も少なくはない。
次世代DVDの規格争いなんて、遠い話のように感じる。

うちの録画環境は250GBのHDDレコーダー、
長期保存が必要ならPCのHDDに移したり、DVD-Rに焼いたり。
画質とか臨場感を再現できる機器なんて持ってないもので、
これで十分、DVD-Rの枚数が多いのがちょっと難点だけど。

まあハードディスクは長期保存に関してはちょっと心配かな。
唐突にパツンと音がして物理的に壊れてしまうことがあるし、
容量が大きいだけに1台あたりの被害があまりに大きすぎる。
接続・増設もリムーバルメディアと比べると面倒だから、
そういう点ではR/RWメディアの有難さってのもある。
(光学メディアにしても劣化等でダメになることはあるけど)

物理的な強さという意味ではフラッシュメモリに期待、かな。

0 コメント:

コメントを投稿