2008年1月19日

労働何百年?

寿命が10倍に延びる技術を開発、人間の場合は800才まで寿命延長が可能に (GIGAZINE)

冗談のようには聞こえるけど、寿命を延ばす研究は盛んで、
それぞれ技術が完成すれば数百年、なんてよく言われる。
ただこういうのを聞いて思うのは、一体何して生きるの?と(^^;

仮に人生800年として、定年は600歳ぐらいになるのか?
あるいは急激に老いていくとしたら760歳ぐらいだろうか、
教育期間が伸びないとして、どんだけ働くのよ、と。
生涯で20~30億ぐらい稼がないといけないってことになる?

まあ寿命が急激に延びるってことも、自分が生きてるうちにってことも
とりあえずはないだろうけど、実現するとなると想像しにくいもんだな。
「不老」は夢であっても「不死」はちょっと怖いものがある。

0 コメント:

コメントを投稿