2004年11月6日

野口さん…クックックッ(違

都会の人にとっては何を今さらな話だけど、
今日初めて新しい1000円札(野口英世)を見た。

実際に見てみると、あまり違和感は無いもんだな。
もうちょっとオモチャっぽく見えるかと思ったけど、
さすがは本物、どことなく風格がある?
それとも野口英世だからだろうか、樋口一葉は…?

2000円札の時と同じような感覚で、
ついつい大事に保存しそうになるんだけど、
今回の改刷でそんなことやっても無意味だよな(^^;
ならば旧札を…と思っても流通量多すぎだ。

生きてる間にまだ新札出るかな?
物価の上昇に伴って早く番号が尽きそうな気もするけど、
電子化に伴って減っていくような気もするな。

ちなみに…
番号が尽きたらまずインクの色が変わるそうで。
その手も使えなくなったら新札、とのこと。

0 コメント:

コメントを投稿