2004年11月26日

真夜中の電話

深夜0時半ぐらいのこと。
突然家の電話(&自分の部屋の子機)が鳴り出す。
ようやく眠りについた頃なのに…と思いながら放置。
どうせ間違い電話かなんかだろう、と。

4コール後、留守電モードになる。
大抵はここで切れるのに相手が喋り出す。
よく聞こえなかったけど、ああいうのは気味が悪い(^^;
そのまま気にせず再び眠りにつく。

1時間後、再び4コール後、切れる。
睡眠を妨げられたことに対する怒りと同時に、
「もしや身内の誰かに不幸でも…?」と不安になる。
不安になるものの最初の電話の録音内容は怖くて聞けない。

そんな感じでロクに眠れなかった。
朝起きて聞いてみると「帰り遅くなります」。
誰やねん!という感じの間違い電話。

真夜中の間違い電話、やめてください(T-T)
ただの電話の音が怖くて仕方が無い。
かといってホントの急用だったら困るから音を消せない。
何か良い方法はないのやら・・・

0 コメント:

コメントを投稿