2004年11月4日

MX-1000買いました

mx1000.jpg
MX1000 Laser Cordless Mouse (MX-1000)

うーん…いいのはいいんだよ。
持った感触もすごく手に収まる感じだし、
ポインタの追従性もかなり優れていると思う。
間違いなく最高レベルのマウスなんだろうけど、
MX-700/900との違いがいまいちハッキリしない(^^;

もうちょっと使い込めばスタパに書いてあるほどに
前機との違いも分かるようになるような気はする。

クレードルはちょっと軽めだけど、
マウスの置きやすさはかなり改善されていて、
今までみたいに何度も置き直すという事は無い。
また動かさずに7~8秒経過すると省エネモード?になる。
でも復帰時のラグは一切無く、それを実感させない。
電池残量インジケータもあるだけで安心する。

それからマウスパッドは無い方がいい。
上の写真のような白いツルツルの天板なのだけど、
ポインタが飛ぶことは無くマウスパッドはむしろ邪魔。
一応エアパッドソールとエアパッドの組み合わせで使ってるけど、
そのうち両方とも撤去するんじゃないかな。

全体的にすごくいいのだけど、2点ほど気になるところ。
横スクロール可能なチルトホイールだからなのか、
ホイール部分がカチャカチャとオモチャっぽく安定しない。
それから左右ともクリックが少し固い気がする。
右クリックはちょっと辛いかも。

そういえばdiNovoを使っているのだけど、
SetPointは重複しないのかな?と思いつつ入れてみたら↓

mx1000setpoint.jpg

SetPointを共有する形になるんだね。
マウスを選んでそれぞれに設定できるようになってる。
MX-900/1000を同時に使えるから電池切れの時便利。

ま、そんなところかな。
1つ驚いたのはレーザーだからマウスの裏は光らないのね。
光学式みたいに赤いランプがついていないから、
夜寝る時に気になる、ということは無いはず。
動いてるのかどうなのか、ちょっと心配にはなるけど(^^;

80点というところかな。
(MX-700は90点、MX-900は80点)

面白いほどポインタがついてくる、
というのはぜひ体験して欲しいという感じ。

0 コメント:

コメントを投稿