2004年7月27日

キーボードにこだわる理由

キーボードにこだわる理由を考える (ITmedia)

なんか分かる気がするな~(笑)
所有数はこの人より遥かに多いわけだけど、
自分と共通してる点が多々ある。

まあ物書きの云々という理由は違うけど、
違和感の無い打ちやすいキーボードを求め続ける一方で、
慣れていく過程を楽しんでいるという面はあるな。
だからこそ、次から次へと求めてしまうわけで。
もちろんその度に打ちやすさは向上しているのだけど。

キーボードのタッチにこだわる人とこだわらない人の差は、

おそらく良いキーボードを使った経験があるかどうかに重要な関係がある。


これは深く同意。
こだわらない人、どれでもいいと言う人は、
いいものがどれだけ差があるものなのかを知らない。
もちろん自分も最初はそうだったわけだけど。

初めて使ったキーボードは、
14年ぐらい前のマイリポートっていうワープロ。
12年ぐらい前にはコマンドオンリーのIBMのデスクトップPCのメカニカル。
まあこの頃は4本指打法なのであまり関係ないか。

そのすぐ後にIBMのノートPC、ThinkPad。
ここからブラインドタッチを始めたわけだけど、
恐らくこれがキーボードにこだわる原点だね。
次に買ったSOTECのデスクトップのキーボードが使いにくて、
あちこちに手を出し始めた、と。

今じゃ1万2万超えてても平気で買う(^^;;

0 コメント:

コメントを投稿