2004年7月9日

Negative Campaign

自民党が新聞に全面広告、
民主党の姿勢を批判、って話題が一昨日あった。
今日の新聞には、民主党は個別に反論はしないとの記事。

まあ日本ではそんなもんだろうね。
アメリカでは一般的なネガティブ・キャンペーン、
相手の政策を批判、時には人格まで誹謗中傷して、
相対的に自らを持ち上げようとする選挙手法。
日本人の感情だと、批判したところで効果はどれぐらいのものか・・・

日本でも今後二大政党化が進むと、
ネガティブ・キャンペーンがさらに一般的になって、
片方が批判すれば、対抗して批判するという流れが
次第に出来てくるのかもしれないけど、効果も「ネガティブ」?
相手を下げることでしか自己の評価を上げられないんだから。

アメリカでもネガティブ・キャンペーンについては賛否両論で、
これをしないことを宣言して当選するケースも多い。
まあ日本でも誹謗中傷ばかりの選挙カーは鬱陶しいだろう。

でも、皮肉めいた政党批判をするCM、
ってのも面白そうだから見てみたい気もするが(笑)

0 コメント:

コメントを投稿