2004年7月21日

無線LAN、使用料徴収

情報家電から電波利用料 来年、電波法改正案提出へ

はぁ?という感じだな。
今朝の朝刊にも載ってたけど、あちこちで批判続出。

無線LANの電波使用についても使用料を徴収…
今まで企業や研究者が必死に努力して開発、
免許が要らない、使用料がかからないってことで売り出した。
だからこそ普及したわけで、その成果をかすめ取るのか?
法律に配慮して、出力も弱くしているのに。

このやり方、何かに似ている。
そう、発泡酒の課税・増税に関する騒動とそっくり。
あれも税金が安いという売りで開発した発泡酒、
そこを狙ってあとから増税したのと同じ。

時代の流れに逆行してるよな。
電波出力に関する規制緩和等をしないのであれば、
単なる無線情報技術の発展・普及の妨げになる。
まあ「上乗せ」という形で見えなくされてるのだけど。

「負担の公平化」という理由…後付け?

1 コメント:

猫@徳島 さんのコメント...

これって、アルコール燃料の軽油税のことを思い出したよ。

アルコールなのに、軽油税かよ!
エコ燃料普及のために、補助金だしてもいいくらいなのに!!!

と憤慨しました。
しかも過去にさかのぼって課税というオソロシイ話・・・・・・そりゃ取扱いスタンド、倒産するわなというお話(涙)

コメントを投稿