2005年1月24日

マイボタンを追加する

最近では少なくなってきたけど、
Operaで正しく見えない時、IEで見る必要がある。
(…というか、IE独特の記述をするサイトが悪いのだが)
以前、右クリックメニューをカスタマイズする方法を書いた。
右クリックメニューのカスタマイズ

ただ、これではページによっては右クリックの位置が難しい。
動作を割り当てるマイボタンという機能があるのだから、使いたい。
その辺の詳細はOpera Special Buttons (Opera IRC+)を参照。

ここで「IE」というボタンを追加・設定すると、

operaiebutton1.png

…すごーく寂しい、浮いた感じのボタンになる(^^;
せっかくだからスキンの画像に合わせる。




今回使用のスキンは「SilverXP 2003」。
skinディレクトリ内のSilverXP 2003.zipを他所にコピー、
解凍後ディレクトリ名を「SilverXP 2003a」に変更、
skin.iniの[Info]、Name部分も「SilverXP 2003a」に変更しておく。

まずボタン類がどこにあるか調べる。
back.large(戻るボタンの大きい方)をキーワードに探すと、
[Images]以下に画像名と位置が定義されていることが分かる。
画像の位置は「2nice」ディレクトリの中。
そこに他のボタンを参考にしながら、ie.pngを作る。
skin.iniの~.largeが並ぶ最後に他を真似しながら追加↓
IE.large = 2nice/ie.png, 1, 3, 3, 2, -3

「SilverXP 2003a」ディレクトリをzip圧縮。
skinディレクトリに入れてスキンが認識できることを確認。

あと一息、マイボタンに画像を関連付ける。
toolbarディレクトリにあるstandard_toolbar (1).ini を編集、
最後のパラメータにskin.iniで定義した名前を当てはめる。
ついでにボタン名も分かりやすいように変更する。
旧 Button0, "IE"="Execute program, "iexplore", "%u", "IE", "IE""
新 Button0, "IE"="Execute program, "iexplore", "%u", "IEで開く", "IE.large""
同じような記述が2ヶ所あるからそれぞれパラメータを修正。

operaiebutton2.png

こんな感じで出来上がり。
このボタンを押すと、表示中のページがIEで開く。
スキンをいじれないと相当厄介なカスタマイズだけど、
これだけで随分と見栄えは良くなるから、試す価値はあるかも。

0 コメント:

コメントを投稿