2005年1月20日

ELECOM KVM-KU

kvmku.jpg

USBパソコン自動切替器 KVM-KU (ELECOM)

CPU切替器というやつですな。
1組のキーボード、マウス、ディスプレイで2台のPCを操作する。
開梱品ワゴンセールで捨て値同然の2500円で売ってた。
ちょっと試したい所もあったので買ってみた。

かなり前にkirikaeki.netで切替器は買ったことがあるけど、
本体が大きくてケーブルが太いからかなり邪魔だった。
それと比べたら本体は格段に小さくてイイ…のだけど、
ケーブルはやっぱり太くて、ちょっと扱いづらいかも。
簡単に曲がるほど細くなれば人気も出るだろうに。

サブPC(win2000)とサーバPC(TurboLinux)を繋げてみた。
ディスプレイはLCD-A15UR、マウス/キーボードはBluetooth版diNovo。
Win側はキーボード問題なし、マウスもCONNECTで無事動作。
マウスの戻る/進む以外の特殊キーはやっぱり使えず。
Linux側は…うっかり確認するの忘れた(^^;
USB直付けで動くから問題ないと思うけど、
Bluetoothデバイスを認識するための設定は必要かも。
(製品はLinuxでの動作は謳ってないので要注意)

コンソールの切替はキーボードのキーの組み合わせで行う。
キーボードの言語設定も出来るようになっているし、
設定内容の書き出しも出来る、ちょっと便利な仕組み。
でもNumLockキーって…MediaPad出さなきゃダメかー。
でもScrollLockキーって…diNovoには付いてないよ。
どちらも割り当てを変更することが出来るからいいものの、
やっぱり本体ボタンでの操作はあった方がいいな。

まあ、サーバは普段はリモート操作だから、
切り替えることなんてほとんど無いわけだが。

0 コメント:

コメントを投稿