2013年4月4日

ネット選挙活動解禁?

ネット選挙解禁に向け国会審議始まる 問題点は? (Yahoo!ニュース)

まずはやってみたらいいと思うけどな。
なりすましや誹謗中傷、無許可なメールの送り付け等については
公選法は現行のままでも他の法律で充分取り締まれるだろう。
政治家はそういう妨害を受けても動じないぐらいであって欲しい。

批判や誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)が殺到する「炎上」の懸念があります。

誹謗中傷はいけないけど「批判」はいいんじゃないか。
候補者同士のネガティブキャンペーンも大いに結構、
名誉毀損に当たらないようなことであればやればいい。
まあアメリカではそれが酷すぎて問題にもなってるらしいが、
当選してから過去の不祥事が出てくるぐらいなら先に出せと。

解禁されたらされたで選挙や政治への影響はともかく、
ネット上は支援者の情報で溢れかえって鬱陶しそうだけど…
メールの転送とか、Twitterで拡散とか来たら面倒くさいな。

0 コメント:

コメントを投稿