2014年1月14日

アメリカでチップ不要論?

アメリカのチップ文化が存続の危機 アメリカ人「チップは不快な習慣」 (お料理速報)

まあ面倒くさい習慣だよね、日本人から見ると。
日本でも昔の東京五輪の前にチップ的なサービス料を導入して
ホテルやレストランで取ってるところあるけど、意味分からんな。
結局給与に含まれる形で従業員に渡るし、客は拒否できないし…

チップもねぇ、いい対応をしてくれてありがとうって時に
心付けとして渡すならともかく、「当たり前」扱いだからなぁ。
渡さないとあからさまに態度が悪いどころか、追い出されるとか、
そういう扱いを受けることもあるらしいから厄介な話。

チップがある国は基本給が少なめであとは努力で稼げ、
ってシステムだからそれはそれで仕方ないとは思うんだけど、
当のアメリカでも不要論があるってのは興味深いな。

0 コメント:

コメントを投稿