2014年1月23日

USBメモリに飼い主情報

USBメモリが迷い犬探しのお手伝い (ライフハッカー日本版)

最近はかなり小さいやつもあるのでアリかもしれないが、
見つけた人がすぐ分かってくれるようにするには
いかにもUSBメモリな形状の方がいいのか。

そこまでするならQRコード印刷したシールをタグに貼って
犬の首輪にぶら下げてた方がお手軽で分かりやすいような。
QRコードってwebアドレスやメールアドレス以外にも
文字数以内なら普通に住所や名前も埋め込めるからねぇ。
見た目で「読んで!」って感じが出るし。

まあ外飼いの犬が脱走するとかならともかく、
室内飼いの犬が行方不明になる場合は首輪のスッポ抜けも多いので
その場合はUSBメモリにしろQRコードにしろ役に立たないがな。
かといってマイクロチップは病院や保健所じゃないと読めないし…

0 コメント:

コメントを投稿