2014年1月5日

自作パーツ購入



XP終了に伴いスペック的に厳しいメイン機(Pen3 Dual)にかわる
新しいマシンを組むべく、注文しておいたパーツ一式が届いた。
価格.comで調べて安値上位に入ってるパーツが多かったTSUKUMOで。

・マザーボード ASUS H87-PLUS 7,980円 ※
・CPU Intel Core i7-4770 BOX LGA1150 31,980円 ※
・メモリ TED38192M1600C11DC (DDR3-1600 4GB*2枚組) 7,380円+交換保証525円
・電源 玄人志向 KRPW-PT500W/92+ 500W 7,540円
・HDD 東芝 DT01ACA050 (SATA600 500GB 7200rpm) 4,680円
・光学 DVDスーパーマルチ 東芝サムスン SH-224DB+S 1,980円
・ケース ZALMAN Z9 U3 5,628円
・OS Windows 8.1 Pro 64bit DSP版 15,981円

※マザーとCPUはセット販売での価格

合計 83,674円

Haswell構成、長めに使うことを考えてCPUだけは少し奮発、
3.4GHzの4コア8スレッドとか、今までと比べたら別次元だな(笑)
重いゲームはしないのでグラボは付けずCPU内蔵機能で十分、
必要になったらあとで付ける、その時は電源も一緒に交換かな?

とりあえずササッと組むだけ組んだけど問題は無し、
相性問題だけ警戒してメモリに交換保証つけておいたけど、
OS入れる前の段階では初期不良も相性問題も無くて一安心。

近いうちにちゃんと裏配線してOSを入れて、
数ヶ月ぐらいかけて旧PCからじっくり環境を移行する予定。

0 コメント:

コメントを投稿