2014年8月10日

危険を学ぶのも実験

絶滅寸前!?今の学校から消えかかっていることに驚いたもの1位「アルコールランプ」 (マイナビウーマン)

最近は実験用コンロなるものを使う学校が増えてるらしい、
なんじゃそりゃ?と思って調べると、ただのカセットコンロか。
炎が一点に集中するように工夫されてたりはするみたいだが。

アルコールランプねぇ、あまり火力は強くないから、
本格的な実験施設で使うような機会は少ない器具だけど、
マッチの使い方、火口の調節、火の消し方から始まり、
内部で気化した燃料に引火すると危険だから液量調節するとか
そういう手順や理由を学ばず、コンロでカチッと着火か…

チャイムがない、これはちょっとアリかなと思った。
自分で時計を見て動くのね、それはむしろ大切かな。
チャイムが鳴っても授業続ける教師はどうするんだろう。

0 コメント:

コメントを投稿