2004年9月1日

ドーピングに思う

アテネ終わったらしい…知らなかった(^^;
それにしても話題になってるドーピング問題、
あの人が潔白なのかどうかは別として、
なんだかスッキリしないんだよね、「繰上げ」ってのが。

金だった人がメダルを剥奪されたから、
当初銀だった人が金になる、素直に喜べないよね。
実際の気持ちは当事者のみぞ知ることだろうけど、
自分なら金不在の銀でいいです、という感じ。

メダルはどうするのだろう、金の人に返してもらうのだろうか。
本人が認めていない以上返してはくれないよねぇ…
ということは新たに支給するということなのかな?

尿検体の提出は係員立会いのもと行われるらしい。
それでいてすり替えが疑われるということは、
「出てくるところ」を確認してるわけじゃないんだね。
当たり前といえば当たり前だろうけど(^^;

潔白であっても再検査は屈辱的なもの。
ドーピングに厳しく対処するのは当然として、
素直に再検査を受けられる手続きや雰囲気、
違反者が現れた時に次点者が素直に受賞できる雰囲気、
そういうのはもう少し考えて欲しいものだね。

0 コメント:

コメントを投稿