2004年9月15日

執行までの時間

宅間死刑囚の死刑執行… (共同=Yahoo)

1年が果たして短いのか、難しいところだね。
死刑自体の是非はあるものの、猶予期間の長さというのも、
遺族としても心境複雑なところがあるだろう。

夕方のニュースで木村太郎が言っていた、
死刑は確定後6ヶ月以内に執行しなければならない、
と刑事訴訟法で決められているのだそうな。
それが抑止力(見せしめ)という死刑のもう1つの姿だと。

あくまで死刑を「是」の立場で見た時の意見だけど、
確かに忘れた頃に執行するような状態では、
そういった効果は無くなってくるのかもしれない。

死とそこへ向かう恐怖を与えるだけのものなのか、
あるいはその過程で罪を悔い反省を引き出すものなのか、
死刑の意味と目的を考える重要なポイントになってくるね。

死刑に限らず他の刑についても
ただ執行するだけになっていないかという点で、
改めて論じられるべきことだろう。

0 コメント:

コメントを投稿