2006年7月30日

月刊ウンディーネ


月刊ウンディーネ 1~3巻

ARIAの世界を再現する予約生産限定品、
3月か4月に予約していたものが忘れた頃にやって来た。

予約生産だけあって、中身は結構よく出来ていた。
「月刊ウンディーネ」の冊子はかなり本格的で、
あくまでも作品中に登場する同誌として作られている。
ネオ・ヴェネチアの観光案内、連載漫画、グランマの部屋…
いくらか作品を外から見た話も出てくると思ってたから、
ここまでのこだわりにはちょっと驚いた。




付録(ていうかメイン?)の模型もしっかり作りこまれている。
パーツごとの着色ではなく、ちゃんと部分塗りされているし、
比較的厚みのある塗りで質感もそこそこ。
組み上げても完全なARIAカンパニーにならないのが少し残念、
ここまでの「可動式」が必要だったのかはちょっと疑問。

でもアリア社長がよく出来ていたので良しとしよう、
他ヒメ社長もまぁ社長も作品に忠実という感じ。
(忘れてたけど)待った甲斐はあったというもの。

0 コメント:

コメントを投稿