2007年2月15日

ペンキが地球を救う

雲南:ペンキ塗って「山を緑化」に非難・失笑・落胆 (中国情報局)

無教養な住民や企業がやったならともかく(?)、
行政にあたる林業局がペンキで緑化ってどうよ・・・
普通に植林した方が楽だったような気がするけど、
もしかして本気でこれが「緑化」だと思ってたのか?

中国人一般がどういう認識を持ってるのかは別として、
国によっては環境に対する考えが間違ってるところ、
教養が不足してるために危機感を持ってないところは多い。
そういうところへ行って「環境を守ろう」と言ってみても
その重要性は理解されないし、積極的にもなれない。

正しい環境教育、教養は必要ではあるけど、
それ以前に将来の環境にまで配慮できる余裕が必要で
生活水準だとか産業だとか先進国向けの資源調達だとか、
なかなか一朝一夕でどうにかなるものじゃないんだろうな。
環境保護を叫ぶ先進国だって昔は破壊しまくったわけで。

0 コメント:

コメントを投稿