2007年10月23日

ワーワーキャーキャー

子供の声「騒音」の時代、自治体への苦情増加 (Yomiuri Online)

これも時代と言うべきか、単に身勝手と言うべきか、
学校のそばに住んだことがないからイマイチわからないけど、
学校が発する音ってのを分かっててそこに住んでるんじゃないの?
学校が後から出来た、っていうケースもあるのか。

学校のそばではないけど、大きな児童公園のそばに住んでる。
週末になると県内外からたくさんの人がやってくるし、
春や秋には幼稚園児や小学生がたくさん遠足で集ってくる。
確かにキャーキャーうるさい、と思うこともあるけど、
公園のそばだから当たり前だし、むしろ微笑ましく感じるぐらい。
たまにヒステリックに叫ぶ大人の声は鬱陶しいけどな(苦笑)

非常識な場所、非常識な時間帯に騒いでたらさすがにマズイけど、
子供が子供のための場所でのびのびと遊ぶことまで制限しちゃダメ。
常識のない子供を適切に叱ることは大人の責任だけど、
本当に子供らしく遊んでるゆえの騒音を寛容するのも大人の役割。
自治体や学校も無茶な苦情には「無理です」って突っぱねればいいのに。

まあ熱心かどうか知らないが、夜遅くまで練習してる
中学校や高校の部活は常識的にどうか、というものもあるか。

0 コメント:

コメントを投稿