2005年6月27日

ディープインパクト計画

太陽系の謎解明へ「ディープ・インパクト」 彗星“爆撃”し飛散物質分析

えー、コメットブラスターがトライデントミサイル撃つんじゃないの~?
というマニアックなボケは置いといて…随分派手な計画だな(^^;
彗星を完全破壊するのが目的ではなく、ちょっと破片を飛散させるため。
それでもこの記事の説明によると、相当な破壊力みたい。

これによる「影響」って無いのかな。
小さいとはいえ、公転している天体だから重力バランスが崩れて、
彗星自身、あるいは他の天体が軌道を変えていつか地球に…
という可能性は「ゼロ」ではないと思うんだけど。素人考えでは。
まあその辺はもちろん考えるだろうから、大丈夫なんだろう。

巨大隕石がもし地球に向かってきたらどう対応するのか、
ふと気になって調べてみると、まだ具体的には決まってないらしい。
一応、レーザーで破砕するとか、水爆・核ミサイルで破砕するという
理論や構想といったレベルの研究はあるものの、ほとんど無防備。
まあ実際来たら某国が派手に攻撃して世界に恩を売るか、
全然効果が無くて壊滅的被害、滅亡なんだと思うけど…今だと(^^;

早めに分かれば、それなりの対応は可能なのかな?
天体危機管理機構設立とか、ファウンデーション建設とか。

もういい、ってか(苦笑)

2 コメント:

葉子 さんのコメント...

はじめまして。一年近く前の記事に今頃コメントしてます。以前からディープ・インパクトに関するリサーチをしているのですが、こちらのサイトを見つけられなかったのです。

あの実験にたいして、大多数の人は手放しで賞賛の声を挙げました。でも、一部ですが「何かおかしいんじゃないの」と思った人もいました。理由はいろいろです。私のサイトには100人以上の人からのコメントを集めていますので、よかったらご覧ください。そして、もし不都合でなければjubakoさんのコメントも紹介させていただけませんか?

葉子 さんのコメント...

続き。NASAがあと2回彗星破壊実験を予定していることをご存知ですか?それから、2008年10月には月に対して同様の実験が行われる予定です。月は大きいので破壊の程度は知れていると思いますが、そういう行為そのものの是非を問う必要があるのではないかと素人の私は思っています。

月に関する関連記事を送りますので読んでみてください。
http://cnn.co.jp/science/CNN200604110034.html

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1138576432/

コメントを投稿