2005年6月25日

そこにあるのに使えない

今まで一番悲しかった落し物は? (gooBLOG)

普段から結構持ち物をよく確認するので、
落とし物とか忘れ物、というのはあまり無いなぁ…
どこにいったか分からない落とし物とは違うんだけど、
今までで一番悲しかった落とし物は「家の鍵」だな。

ポケットから取り出す時に家の前の側溝に落としたり、
マンションのエレベーターの扉の隙間に落としたりして、
真夏の炎天下、家に入れない、という経験は何度か。
子供の頃は鍵っ子だったから、結構大変だったよ(^^;
予備の鍵って基本的に隠さないし。
(近所付き合いをあまりしていないとこういう時困る)

まあ落とすよりは拾う方が多いかな。
財布やら通帳、腕時計、サングラス、携帯電話…
なんでそんなに落ちてるの?と驚くほどに。
警察に届けたり届けなかったりは拾ったモノ次第だけど、
別にお礼も半年後もいらないから、手続き無しにして欲しいな。
(これどこどこに落ちてました~、あとお願いします、という感じで)
親切で持って行ってるのに、書類作成に微妙に時間をとられてイヤ。

0 コメント:

コメントを投稿