2005年10月14日

メール反応で好感度

雑学系メルマガを発行していることもあって、
どうしてもWeb検索で調べられない、裏が取れない時には、
関係ありそうな企業や公共機関に質問メールを送ることがある。
(向こうも忙しいだろうから、可能ならという程度の期待だけど)

リアクションは大体4つのタイプに分けられる。

1. 普通に丁寧な返事・回答が貰える
2. 1~2ヶ月経って一生懸命調べた感じの回答が貰える
3. ノーリアクション(無視)
4. 1~2ヶ月経って全く見当違いな回答が貰える

3を批判する気はない。
もともと期待してないし、無視する潔さは評価できる。
4が厄介だねぇ…貰えない方が諦めがつく。



そんな気はないのだけど、そういう反応で好感度は違ってくる。
例えば「味の素」は2の上に、詳しい資料まで郵送してくれた、
「国土地理院」は1だけど、返信までたったの1時間、
なんとなく好きになっている自分がいる。
国土地理院好きになっても、どうにもならないんだけど(笑)

そう考えると、自分のメール反応は悪いよなぁー
メール無精なので、すぐ返信ということはあまりない。
とりあえず置いといて、1日の終わり頃に出そうかな~と動く、
あまり気が乗らなかったら2~3日放置、1週間過ぎると返さない。
さすがに仕事関連や急を要するもの、期限があるものはすぐ返すけど、
それ以外の私用メールは結構いい加減なのよね(^^;;

反省だけはするけど、直らないな。
一言二言だけ返して済むならいいのだけど、
そうもいかずいろいろくっつけようとするから面倒くさい。

0 コメント:

コメントを投稿