2005年10月22日

旅から帰ってきた

中屋万年筆へペン先調整に出していた万年筆(PILOTカスタム743 SM)、
予定では1ヶ月半~2ヶ月だったけど、ちょうど1ヶ月経った今日帰ってきた。

調整内容はインクの出を少し抑えてブルーブラックの濃淡をキレイに…
試しに書いてみると確かに以前と比べてインクの量は減っているようで、
筆跡が全体的に薄くなって、美しい濃淡が出るようになっている。
慣れるまでは書き心地に少し「水っぽさ」は感じるけど。

ただ、正直なところなにかピンと来ない。
どうも手に馴染まないというか、違和感が強いというか、
「万年筆を買ってすぐ」の感じと言えば近いのかな。
もしかして4~5ヶ月でついた万年筆の癖がリセットされたのか?
となると、またコツコツと癖をつけていくしかないのか(^^;
再度調整して貰うという手もあるけど、信じてしばらく使ってみよう。

nakaya_repair.jpg

ペン先とペン芯の中心がズレてるのが気になる。
これがインクの量を変えたと言うことか、あるいは…

0 コメント:

コメントを投稿