2008年4月6日

ハーネステープとか

harnesstape.jpg

絶縁処理には「ハーネステープ」なるものがいいんだそうな。
その辺で安く売ってるいわゆる絶縁テープ、ビニールテープだと
分厚いし、時間が経つと劣化してベタベタになってしまうけど、
ハーネステープなら薄いし、ベタベタになりにくい…らしい。

普段リード線を繋いで絶縁処理する時には熱収縮チューブを使うから、
絶縁そのものには必要ないけど、強度を持たせる時にはテープを使う。
初めてハーネステープとやらを使ったけど、なんかすごく使いやすいぞ、
この手触り、ちょっと癖になりそうだ(←感心するところを間違ってる(笑))

そういやリード線への予備ハンダ、最近ようやく上達したな。
以前は加熱しすぎてハンダが死んだり、被覆を溶かしたりしてたけど、
リード線やハンダの持ち方を覚えてなんとかスムーズに出来るように。
でもリード線同士のハンダ付けは相変わらずちょっと苦手だ…
持つものが多すぎて、跳ねたハンダで手に軽い火傷を負ったり。
無理して持つより、なにか固定する道具を作った方が良さそうな気も。

0 コメント:

コメントを投稿